どくたーすらんぷ あまのさん

医学という特異な世界にどっぷり入り込んだあまのの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しけんちょくぜん@遺伝分野

遺伝分野の試験前日であります

生物の仕組みはこんな風になってるんだー、って感じで
普通に興味深い内容なのです

とは言えども試験前はやはりツメコミツメコミ

ユビキチンプロテアソーム系において
標的タンパク質の選択にもっとも重要な酵素E3は
HECT型とRING-FINGER型があって
前者の代表がE6APとかE7とかで
後者の代表がMDM2で
がん抑制遺伝子のp53とかpRBとかは
HPVに感染しちゃうとE6APやE7とかの働きによって
量的減少がおきて
pRBが減少した場合だとE2Fが活性化してしまい
がん細胞の転写が促進されてしまう訳ですよ!

よしよし、
人間覚える気になればおぼわるものですね

いやでも今のところ、医学部のお勉強ってけっこう楽です
物理とかと違って「理解できない」という事がないので

ただこれから覚える量が半端無くなってくるんだろうなあ
まあ人間の脳みそも鍛えられるみたいなので、せいぜい鍛えましょう!!
  1. 2009/02/15(日) 23:32:49|
  2. 医学部関連


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。