どくたーすらんぷ あまのさん

医学という特異な世界にどっぷり入り込んだあまのの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白銀でびゅー

久々に北らしい話題を、という訳で

昨日、今シーズン発のスノボに行ってきました
車で15分の所に中々のスキー場、
車で30分の所に巨大なスキー場があるのに
全然スノボに行っていないあまの

スノボ好きな人からすると「もったいない!」と思うんだろうなあ
なんて考えながら、車で30分の巨大なスキー場に行ってきました
巨大なスキー場は、リフトだと、フツーのスキー場くらいの高さまで連れて行ってくれますが
ゴンドラに乗ると、山の頂上まで連れて行ってくれます
うむ、良い眺め

一年ぶりでしたが、少しずつステップアップしているような気がします
ようやくざっ、ざっ、とそれっぽく滑れるようになりました
一緒に行った友人さん(スキーヤー)も、上手くなったねー、と誉めてくれました

しかしゴンドラ5往復目位でからだはヘロヘロ
北斗の拳のケンシロウの様に体からは白い水蒸気が立ち上ります

まだすべり方に余裕がないため、体力が無くなるとちょっとしたコブでもすってんころりん
あまのくんは体にダメージを残さないため、大車輪のような見事な回転受け身をとります
余りに派手な転び方だったのか、スキー教室を受けていた小学生から
「だいじょうぶですかぁー?」
と無垢な呼びかけをいただきました
だいじょうぶですよー

その後、体から立ち上る水蒸気でゴーグルが曇りまくり、
下の方がよく見えないままふかふかな雪ゾーンに突入、
スノボがふかふか雪に突き刺さり尻もち

ここで事件発生
ふかふか雪すぎて地面につけた腕は深く沈み、立ち上がれねえ!
腕をつかずに尻もちから立ち上がる脚力は既に無し!
まさに底なし沼
へろへろのあまのくん、雪の中を泳ぐようにふかふか雪ゾーンを脱却

うむ、スノボは全身運動だと言う事を再確認
転んで起き上がる腕立て伏せも含めてね☆

そして翌日の今朝
どうかんがえても筋肉痛です
首、腕、腰、腿、ふくらはぎ
あらゆる筋肉に力を入れると激痛
まあ筋肉痛が翌日に来たという体の若さ(?)を喜ぶとしましょう
  1. 2011/01/17(月) 09:47:48|
  2. 北海道関連


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。