どくたーすらんぷ あまのさん

医学という特異な世界にどっぷり入り込んだあまのの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しけんちょくぜん@病理学

というわけで、病理学の試験直前であります
病理学とは、顕微鏡を覗いて「癌です」とか診断するアレです
従って試験では、病気についての細かい知識や、顕微鏡の細胞写真を見せられての所見などを問われます
あまのも結構見分けられるようになった気がします!

しかし試験範囲は例によって膨大
範囲の一例を挙げると
脂漏性角化症、管状腺腫、扁平上皮癌、管状腺癌、印環細胞癌、平滑筋腫、高分化型脂肪肉腫、粘液型脂肪肉腫、横紋筋肉腫、骨肉腫、悪性胃腸管間質性腫瘍、劇症肝炎、アルコール性肝硬変、肝細胞癌、胆管細胞癌、急性膵炎、慢性膵炎、下垂体腺腫、橋本病、甲状腺乳頭癌、副腎皮質腺腫、褐色細胞腫、膵インスリノーマ
などなど、これでもまだ試験範囲の半分もいっていませんね
さーて、もう一度頭につめこむか
  1. 2010/06/14(月) 06:17:04|
  2. 医学部関連


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。