どくたーすらんぷ あまのさん

医学という特異な世界にどっぷり入り込んだあまのの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しけんちょくぜん@社会医学

というわけで社会医学、略して社医です
医学部の必修科目の中で一番気のぬける科目です
大抵教科書・授業プリント持ち込み可なので、前日にまったり準備するだけで間に合います

医療面接の方法や、診断のプロセスなどを学ぶ教科なのですが
いかんせん、まだ働く事など遙か遠くの学生にとってはまだまだ実感がわきくい印象がぬぐえません
初診の外来なんて、研修医になっても中々やらないと思うのでむべなるかな、とも思いますが
奥様の話によると、研修医ですぐに救急外来などで初診の外来をうけまくることになるそうです
案外すぐに必要となる知識なのですね

それはさておき、
先日、姉夫婦が愛知県からこの北の秘境へと遊びに来てくれました
あまのの姉夫婦は両方お医者さんの、とてもとてもお忙しい人達ですが
おそーい夏休みを取って、2才半の姪っ子と親子3人で旅行に来た訳なのでした

で、姪っ子さんがもの凄く上機嫌でした
こんな北の秘境がそんなに楽しいのかなあと思いきや

いつも仕事で一緒にいられないお父さんとお母さんが
旅行中は一日中ずーっと一緒、という状況がとてもとても嬉しい模様でした

なんか、心あたたまる気分でした
  1. 2009/09/13(日) 18:35:24|
  2. 医学部関連


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。