どくたーすらんぷ あまのさん

医学という特異な世界にどっぷり入り込んだあまのの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しけんちょくぜん@免疫学

さてさてテストまであと4時間!

TCRの多様性も、α鎖がVJ遺伝子、β鎖がVDJ遺伝子からの任意な遺伝子組み換えによって作られるのだよ!
遺伝子再構成の際のヌクレオチドの挿入による塩基の追加またはフレームシフトも起こる訳ですよ!
T細胞は初めはCD4+8+のダブルポジティブだけど胸腺皮質のストローマ細胞による正の選択にてヘルパーTはCD4+、キラーTはCD8+になるわけですよ!で、次の胸腺髄質の樹状細胞による負の選択にて自己抗原を認識するT細胞はアポトーシスな負の選択が行われるわけですよ!
MHCはクラスⅠがβ2ミクログロブリンとα1,2,3の2量体、クラスⅡがα1,2、β1,2の2量体で出来てて、それぞれHLA-A,B,CとHLA-DP,DQ,DS領域における多型性があるわけですよ!これにより提示できる抗原のレパートリーが増える事でT細胞が認識できる抗原の種類も増えるわけですよ!
クラスⅠはプロテアソームで分解された細胞内ペプチドがTAPを介して小胞に入り、クラスⅠ分子がそのペプチドと結合して細胞表面へ!
クラスⅡはプロテアーゼで分解された細胞外ペプチドが、小胞体内で結合したインバリアント鎖のCLIPが小胞内にてHLD-DMにて除かれたMHCクラスⅡ分子と結合して細胞表面へ!
SCIDではRAG1,2の欠損によるTCR・抗体の欠損や、ヌクレオチド代謝酵素欠損による核酸代謝物蓄積、サイトカインレセプター遺伝子の欠損によるシグナル伝達障害がある!
BLSはMHCクラスⅡトランスアクチベーターの欠損によりCD4+T細胞が欠損する!

こぼれるな!記憶よ!!
スポンサーサイト
  1. 2009/09/07(月) 05:59:28|
  2. 医学部関連

しけんちょくぜん@社会医学

というわけで社会医学、略して社医です
医学部の必修科目の中で一番気のぬける科目です
大抵教科書・授業プリント持ち込み可なので、前日にまったり準備するだけで間に合います

医療面接の方法や、診断のプロセスなどを学ぶ教科なのですが
いかんせん、まだ働く事など遙か遠くの学生にとってはまだまだ実感がわきくい印象がぬぐえません
初診の外来なんて、研修医になっても中々やらないと思うのでむべなるかな、とも思いますが
奥様の話によると、研修医ですぐに救急外来などで初診の外来をうけまくることになるそうです
案外すぐに必要となる知識なのですね

それはさておき、
先日、姉夫婦が愛知県からこの北の秘境へと遊びに来てくれました
あまのの姉夫婦は両方お医者さんの、とてもとてもお忙しい人達ですが
おそーい夏休みを取って、2才半の姪っ子と親子3人で旅行に来た訳なのでした

で、姪っ子さんがもの凄く上機嫌でした
こんな北の秘境がそんなに楽しいのかなあと思いきや

いつも仕事で一緒にいられないお父さんとお母さんが
旅行中は一日中ずーっと一緒、という状況がとてもとても嬉しい模様でした

なんか、心あたたまる気分でした
  1. 2009/09/13(日) 18:35:24|
  2. 医学部関連

しけんちょくぜん@生化学

どもども、試験直前恒例の更新です

明日でようやく試験週間も終わりで、
明明後日から後期の授業が始まりますです

現在試験範囲を覚えまくり中です
これが終わったら過去問を一通り見直して、
もう一度覚えまくって本番に臨む感じです
何かずいぶん試験に馴れてきた気がします

さてさて今日は何時に寝ようかな☆
  1. 2009/09/28(月) 23:09:42|
  2. 医学部関連


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。