どくたーすらんぷ あまのさん

医学という特異な世界にどっぷり入り込んだあまのの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

扁桃腺炎

あまのは年に1、2回、のどがとても痛くなって熱が出ます。
いわゆる扁桃腺炎というやつです。

そしてここ2日ばかり喉と鼻の奥が痛いので耳鼻科さんに行って来ました。
数ヶ月前に授業を受けた気がする耳鼻科の先生です。
医学生というのを知ってか知らずか、結構専門的なお話をしてくれます。

口をあけてみてもらったところ、
白苔つきの立派な慢性扁桃腺炎との診断を頂きました。

子供の扁桃腺炎なら問題ないようなのですが、
大人の慢性扁桃腺炎は何度も繰り返すと、病巣感染という概念で
IgA腎症という厄介な病になってしまうらしいです。
うん、それ数ヶ月前に習った。知ってる。

しかもあまり悪化すると急性疾患としてもやばいそうです。
奥さんの友人さんは慢性扁桃腺炎悪化→DIC+エンドトキシンショックで生死を彷徨ったそうです。
うん、それも知ってる。

っていうか、それ俺がなるの?
それは勘弁!

ちなみに、そんな習慣化してしまった慢性扁桃腺炎に対しては、
扁桃腺摘出手術が必要なのです。
全身麻酔で一週間入院が必要です。
それも勘弁!

でもマア一年に5,6回位の頻度で扁桃腺炎にならないなら問題ないらしいです。
今は一年に1,2回の頻度なので、まだ手術はしなくても大丈夫とのこと。
「まだ」というのがすごく気になりますが、
この爆弾を爆発させないためにはどうすればいいと言うと、、

・慢性扁桃腺炎の人は、鼻詰まり気味で口呼吸の人が多い→口乾燥→感染リスク上がる
・従って、鼻の通りをよくするアレルギー薬を使い、鼻呼吸を心がける
・加えて、寝るときはマスクをして口に湿気を与える
・ちょっとでも扁桃腺が痛くなったらすぐ耳鼻科に行って抗生剤もらう

まあ上記を頑張って守れば、扁桃腺炎にはなりにくいらしいです。
手術はこわいので、虚弱な扁桃君を守るべく努力することにしましょう。

というお話を帰ってきた奥さまにしたところ、
「扁摘の手術なんて大したことないよー。あたしも研修医で耳鼻科回ってる時、手術したし」
「電気メスでさっさー、ってとるだけだよ」

なるほど、簡単な手術なのですね

「でも、出血がひどくて最悪窒息する場合もあるんだよね」
「全身麻酔だから食道挿管で植物人間になったりするリスクもゼロではないし」

はい、なるべく手術は避ける方向でがんばります。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/01(火) 19:47:11|
  2. 患者さん体験

下部大腸内視鏡検査やってきました

という訳で、下部大腸内視鏡検査やってきました。
まさか、医者としてやる前に患者としてやられてしまうとは思いもよりませんでした。
以下、いわゆるシモのお話になりますので、お食事中の方やお嫌いな方はご遠慮くださいませ。

そもそも、座って勉強ばかりしていたためか、
いい加減、お尻が痛い状態が続くため、
肛門科の病院に診てもらった事からコトが始まりました。

初めて行った肛門科ですが、もの凄く繁盛していました。
世の中、おしりで悩む人が多いのだなあ。
地元で有名な病院という事もあるとは思いますが。

お尻を見て頂いたところ、切れ痔との診断。
この切れ痔というやつは便秘がちの女性に多い疾患で
あまののような若めの男性には珍しいらしく、先生いわく
「薬出しておくけど、念のため内視鏡で内側に問題がないか見ておこうか」
という事になりました。

という訳で本日の下部大腸内視鏡検査が決定したわけでした。
この検査では、大腸の下部の方だけを検査するために、特に下剤とかは必要なく
検査当日の朝に座薬を入れて便をするだけでOKというお手軽なものです。

それにしてもあすほーるから長い管をぶち込まれる事に対して不安もあったのですが
将来患者さんに入れまくるようになるかもしれない身としては
やった方が有益だなと感じられる点は、医学生で良かったかなという気もします。
患者目線で病院見学できるなんて、ラッキー過ぎてこまっちゃう。

ちなみに下部大腸内視鏡検査は全然いたくもかゆくもなく
カメラからシューシュー出される空気のおかげでおなかがぱんぱんになる位しか
難点はありませんでした。

で、下部大腸内視鏡検査を行ったところ、
大腸に入って最初の曲がり角(S状結腸)に5mmのポリープ発見!
まじかよ!一応30代に入ったばっかりなんですけど!?
っていうか肛門科の先生すごいなぁ。こういう事があると予測していたのか。

とはいえ先生としても、意外だったようです。
「まだ若いのにめずらしいねぇ」
「念のため、全大腸内視鏡検査もした方がいいね」
「できやすい体質かもしれないから、これから毎年検査した方がいいよ」
「ポリープは取るか取らないかの境目の大きさだから、次に検査する先生の判断かな」
「切除の場合は1日入院だからね」
「採血と検尿と腹部X線検査もとっておこうね」

何やら大ごとになってきました。
全大腸内視鏡とは、切腹前の武士のように検査前から下剤を飲み続け、
検査当日下剤を1.5リットル飲みほして便が透明になってから大腸全部をチェックするものです。
患者目線でポリープ切除を見学できるなんて、ラッキーすぎてこまっちゃう。

曜日によっては大学病院から先生が来るとのことでしたので、名前を見せて頂くと
あ、この先生知ってる!内視鏡腕利きの先生だ!授業受けたことある!!
という訳で、その先生にお願いする方針にしました。

ちなみに以前の耳鼻科の先生も肛門科の先生も授業を受けたことのある先生でした。
医学生になると、こんな出会いばっかりです。

これで大腸にステージの進んだ大腸がんとが見つかったら困るなあ
患者目線で末期がん治療を見学できてラッキー☆、とはさすがに思えません。

ちなみに大腸ポリープというのは、
40歳以上の人には当たり前のように存在する大腸のいぼです。
これが時々がんになったりするため、大きいものや、タチの悪いものは
内視鏡から出てくる電流流した針金で切り取ります。

基本的に自覚症状はないため、これが大腸がんに成長するまで気づかないひとも多いです。
あまののポリープは5mmで、これ以上大きいと切った方がいいかな、というくらいの大きさです。

問題は、この年齢でポリープができてしまっているということです。
30代の人でも15%位の割合で起こるらしいので、ポリープができやすい体質なのかもしれません。
先生曰く、毎年検査した方がいいとのことですが、研修医やそれ以降の時に休み取れるんかな??
めんどいなー。

それにしても、最近になって扁桃腺炎やら痔やら大腸ポリープやら、病院に行きまくりです。
酒もやらずタバコもやらずの健康優良な生活を送っているあまのとしては悲しい限りですが、
世の中もっと大変な人も沢山いると考え、この体と付き合っていく事にしましょう。

また大腸内視鏡検査が終わったころ、レビューさせて頂きます。
ポリープ切除となったら、そのまま入院です(一泊ですが)。入院なんて何年振りだろう。
  1. 2011/03/03(木) 15:21:41|
  2. 患者さん体験

大腸内視鏡+大腸ポリープ切除術してきました1(準備編)

おかしい。医学生ブログのはずなのに、最近患者さんブログになりそうな勢いです。
あまのです。

このテキストは現在病院のベッドで腕に点滴刺されながら打っております。
ネットにつながっていないので更新は後ほどになりますが、これもリアルタイム更新みたいなもの?

では、現在に至るまでの経緯をお知らせしましょう。

まずは前回お知らせしましたとおり小さい大腸ポリープが見つかってしまったあまの、
念のため、大腸全部について他にもポリープがないか探すことになりました。
いわゆる大腸内視鏡検査というやつです。

前回行った検査は下部大腸内視鏡検査という簡単なものだったのですが、
今度のは大腸全部を見ないといけないため、結構大がかりです。

あ、また例によってシモの話になりますので、
食事中の方、苦手な方はまた日を改めてお越し下さい☆

さて、まずこの大腸内視鏡検査というのはどんなものかと言いますと、
ケツの穴下の方からカメラつきの管を入れまして、大腸全ての様子を覗くものになります。
この検査のすごいところは、もし大腸癌やポリープがあれば、その場で病変を切除して治療できてしまう事です。

しかし、賢明な皆様ならお気づきでしょうが、大腸には私たちの食べたもののなれの果てがたっぷり入っていて
普通の状態でカメラを入れても真っ茶色で困ってしまいます。
従って、検査の前に大腸をきれいにする必要があるのです。

この準備が中々気合いの入ったもので、
まず検査の4日前から寝る前に下剤を飲み始めます。
これが緑色の、いかにも効きそうなヤツです。

その名もセンナエキス。
生薬センナから抽出したもので、大腸のアウエルバッハ神経叢を刺激して大腸の運動を促進させるらしいです。

この子のおかげで、翌日は毎朝おなかが痛くて目覚めます。
起きると同時にトイレまっしぐらです。

検査食
そして検査前日のお昼ご飯以降は、エニマクリンCSというグリコさんが出している検査食
昼ご飯:10秒チャージみたいなゼリー1こ
晩ご飯:おかゆ、卵あん、味噌汁
おやつ:ビスコ、グレープゼリー、カロリーメイトみたいなやつ

当然足りません。
お腹がすきます。

そんな物足りなさを察してか、検査前日には下剤がもう一つ追加されています。
ごめんなさいもう十分です。かんべんしてください。

下剤

その名もチャルドール。
ピコスルファートナトリウムとか言うもので、大腸粘膜を刺激し蠕動運動を更新させると共に
水分吸収を阻害するらしいです。要はパワーアップ版の下剤です。

今度は赤字に白で毒々しく「下剤」と書いてあります。
これを飲んだら中身が水でも気の弱い人は下痢を起こせそうです。

翌朝、さわやかな目覚めと共に以下略。

ついに検査当日です。
当日は何も飲み食いせず、朝8:30に病院到着。
ちょっと待ってからあまのを待ち受けるのは1.8リットルの下剤。

また下剤
これを1.5時間かけて、ゆっくりがんばって飲んでいきます。
ちなみに味はスポーツドリンクっぽく、飲みやすいです。下剤という事を意識しなければ。

飲み始めて30分ほどで、ぼちぼち下剤が効いてきます。
5回目くらいのトイレでは、すでに下からは水しか出てきません。
こうして腸管を洗浄していくわけです。

解剖で、人間の体は口から肛門に続く管なんだなあと感じましたが、
それをリアルに体感できている感じです。

5回目、7回目、10回目と、出したブツを看護師さんにチェックして頂き、
検査ができる綺麗さかどうかを見てもらいます。
10回目のブツにいたっては、もうただの黄色っぽい水となりました。
これにて、ついに検査可能のお許しが出ました。

そのときの時間、すでにお昼の12時。中々時間と労力のかかる検査です。
以上で準備編終了!
次回は実施編です!
  1. 2011/03/25(金) 20:06:33|
  2. 患者さん体験

大腸内視鏡+大腸ポリープ切除術してきました2(施術編)

さて、大腸を綺麗にするための準備が完了し、
ついに検査のために内視鏡室につれて行かれました。
カーテンで区切られた、ベッドのある個室にて、まずは手術着に着替えます。
大腸内視鏡検査のため、おしりの部分にスリットの入ったハイセンスな短パンした。

そして、検査直前に「ブスコパン」という薬を筋肉注射されました。
これはいわゆる副交感神経遮断薬というもので、大腸が勝手に動くのをとめる薬です。
副作用でのどが渇いたり目が見えにくくなったりもするそうです。
その通り、後ほど、もの凄くのどが渇きました。

で、検査スタート。
膝を抱えて丸まった状態でそのまま横向きに寝転がります。
そのままゼリーを塗られ、にゅるんとカメラを入れられます。
さほど抵抗はなく、カメラはどんどん中に入ります。

ちなみに、自分の大腸の様子はディスプレイに映っており、
被験者であるあまのも上を向けば画面が見られる仕組みです。

大腸は普通の状態ではふにゃふにゃのため、内腔をちゃんと観察できるよう
内視鏡から空気を入れて大腸をぱんぱんにされます。

特に痛みとかはないのですが、とにかくお腹が張って苦しいです。
すごい勢いでおならを我慢しまくっているような状態でしょうか。
時々お腹が張りすぎて苦しくなります。端から見ると相当悶えていたと思います。

ここで医学生あまの、考える。
先生の邪魔をしないためにはどうすればいいか?
大腸が動かないようにすればいい!→
→副交感神経より交感神経優位にすれば、腸の動きがより止まるのではないか?

せっかくこれだけ苦しいことだし、
握り拳で力を入れて、力んでみれば交感神経優位となり、良いのでは?
と、意味もなく力んでいると

「苦しくないですか?力を抜いてくださいねー」
「リラックスしてくださいね」

先生方を心配させてしまいました。
もの凄く裏目に出ているようです。


それにしてもこのように余裕のない時、年配の看護師さんの温かいお気遣いが身にしみます。
看護というのは患者さんから見て大事だなあと言うことを改めて感じます。

時々先生から指示が入り、それに併せて看護師さんたちが3人がかりで助けてくれます。
「ちょっと体勢を変えますよー」
「はーい息を大きく吸って止めてくださーい」

ここで体勢を変えて、息を止めると言うことは、横隔膜が動かないようにするため?横行結腸に入った?
とか自分の解剖をイメージしてしまうと、ますますエキサイトして力が入ってしまい
またも先生や看護師さんに心配をかけてしまいます。

うん、医療行為を受けてる真っ最中は医療知識って邪魔なだけですね。
医学生の皆さん、気をつけましょう!(普通の人はこんな馬鹿なこと事考えない?)


「奥まで確認しましたが、前回分かったポリープ以外はありませんでした。これから抜きながらもう一度確認しますね」

よし、峠は越えた!?
もう少しだがんばれあまの!

で、前回の下部大腸内視鏡検査にて発見されたS状結腸にあった、
5mmのポリープに行き着ました、先生もちょっと取るかどうか迷うくらいの小ささでしたが、

「どうします?とっちゃいますか?」

取っちゃってください!
というわけで、ここで大腸ポリープ切除術施行決定!

「じゃ、EMRしまーす」

の先生のかけ声の下、看護師さん達がばたばたと動き出しました。
なにやらあまのの太ももに電極シールみたいなものが貼られました。

「痛みがあったら言ってくださいねー」

と、まず内視鏡から針が出てきて、ポリープの根本にぶすっと刺さり
生理食塩水が注入されます。これでポリープが根本から完全に浮き上がりました。

そして今度は内視鏡からスネアという電流の流れた針金わっかが出てきて
ポリープ君の浮き上がった根本をつかみ、焼き切りました。
焼き切られた大腸皮膚粘膜の残った部分はやけどのように真っ白です。

大腸にクレーターみたいな粘膜のえぐれた部分ができあがりましたので、
ここをクリップみたいな小さな金属でパチン、パチンと3ヶ所止めることで止血完了。

かなり痛そうな絵が目の前のディスプレイで繰り広げられましたが、
ここまで、全く痛みなし!
授業で「この内視鏡ポリープ切除って少しも痛くないのかな?」と思っていましたが、
今なら実体験に基づいて、痛くない!といえます。

ちなみに、止血に使った金属のクリップはどうやって取るのだろう?と思っていると
傷が直った後、便と共に自然に出てくるらしいです。
とても小さく、とがった部分もないものなので排便にも影響ないとのこと。
医学の進歩というのは素晴らしいなあと感じます。

これにて検査+治療終了。
一応大腸に傷がついたということで、1日絶食+入院となりました。
次回は最後の後処理編です。お楽しみに!(している人はいるのか)
  1. 2011/03/25(金) 20:27:38|
  2. 患者さん体験

大腸内視鏡+大腸ポリープ切除術してきました3(後処理編)

さて、無事ポリープ切除が終わったわけですが
もうちっとだけ続きます。後処理です。

いま、大腸の粘膜を焼き切られ、クリップで止血されただけの状態なので
このままぱくぱくご飯を食べられて出血されては大変なため
絶飲絶食+点滴+出血フォローのため一日入院が決定しました。

施術直後、内視鏡室のベッドでしばらく横になった後、
大げさにも車いすにて病室に連れて行かれました。
車いすに乗るなんてベビーカーの時ぶりです。
ちなみに痛くもかゆくもないのですが、一応出血を心配してとのことです。

で、カーテンで仕切られたプチ個室な病室につれていかれました。
ここであまのは一晩過ごす模様です。
ありがたいことにコンセントがついていました。
これでiPhoneもPCもやり放題です。

で、朝から何も食べずに下剤を飲んで出すだけだったため
お腹ペコペコのあまのに点滴を施してもらえることになりました。
点滴なんて受けるのいつぶりだろう。

さて点滴の針刺しです。
採血は皮膚の薄い肘内側から針を刺すのですが、
点滴は針をつけたまま動いたりできるよう、前腕外側とかに刺すようです。

新人っぽい看護師さんがあまのの左前腕に針を刺しますが、なかなかうまくいきません。
では右手でお願いしたところ、見事成功!

看護師さんは点滴がまだ苦手そうで、申し訳なさそうでしたが、
医学生に実習でオッカナビックリ針を刺される不安感に比べればもの凄い安心感です。
こう考えられるのも医者の卵の良いところ?

で、当日夕方から夜にかけて200ml+500ml+500mlを
ガンガン点滴されます。計1.2リットル。

これだけの水分が直接血液に投入されると考えると
なんだか気分が悪くなります。
体液量が増えるという点では水がぶ飲みしても大して変わらないんでしょうけど。
そして順次腎臓からこし出されるだけだから問題ないんでしょうけど。

胃も腸も完全にからっぽなのですが、
点滴を受けているとあまりお腹がすきません。
人間の体というのは不思議なものですね。

そして点滴を受けたまま9時消灯となりました。
起床は6時です。
刑務所みたいなとても健康的な生活です。

なんか腕に長い点滴針が刺さったまま寝るというのも気持ち悪く、
なかなか眠れません。ぐぅ。



夜中2,3回トイレに起きましたが、さわやかな朝がやってきました。
そしてさわやかな目覚めの採血。
大腸からの出血による貧血があるかどうかを調べるみたいですね。

そして朝8時ごろについにご飯が出てきました。

朝食
おかゆと具なし味噌汁でした。
空っぽの胃腸に対して優しそうなご飯です。

ちなみに点滴針は昨日から刺さりっぱなしで、食後に
朝ご飯のおかわりと言わんばかりに200ml点滴を頂きました。

その後、お医者様がベッドに来て、昨日のポリープ切除について説明。
結局、元々分かっていたS状結腸の5mm弱のポリープのみで、他に異常は無し。
ポリープはほぼ間違いなく良性だと思う。病理診断の結果は一週間後。
貧血もないので、もうお昼を食べたら退院でOKとの事。

めでたしめでたしでした。
と言うわけでお昼ご飯です。

昼食
もう完全に普通の食事ですね。おいしく頂きました。

ここでご飯を食べながら、ふと考えること、、
下剤であれだけ念入りに大腸内の残渣やら宿便やらを完全に洗い流してしまっては
大腸の腸内細菌叢の絶対量も減ったのでは?

すなわち、今ここでビフィズス菌とかを取りまくれば
菌交代現象とは言わないまでも、かなり善玉菌優位な状態にできるのでは??

と、素人考えをしてみたりしてみました。
なるべくお肉類を控えめに、ビフィズス菌を多めにとってみようと考えたりしました。
まあ多分下剤程度では腸内神経叢はさほど変化はしないとは思いますが。

と言うわけで、本日のハイライト、ご精算のお時間です

ねがいましてーはー
手術料6万円弱、
病理診断1500円、
DPCというお上が決めた入院関連包括費用7万円強
食事とか千円ちょっと
その他細かい料金併せて、13万円強
三割負担で、4万円ちょっと、なーりー

一泊二食、下剤に点滴付きのお宿と考えるとちょっぴり高級ですが、
なんと言っても手術つきですので、こんな所でしょう。

と言うわけで、プチ患者さん体験+プチ入院体験が無事終わりました。
色々とお勉強になりました。
こうして、ただの入院もお勉強になるところが、医学生の良いところですね

ついでに大腸内視鏡やらポリープ切除やらをやる方へのご参考になれば幸いでございます。
ではでは。
  1. 2011/03/25(金) 21:32:11|
  2. 患者さん体験


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。